スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国・日系人部隊を描いた映画『Only The Brave』



アメリカで生まれた日本人というか、日系アメリカ人は、第二次世界大戦中苦労をしたことは、すでに述べました。

戦地での映画です。

やっと、DVDがでたので先日見ました。


戦争映画、ってのは、マ姐はあまり好きじゃないです。

『プライベート・ライアン』も、そうでしたけど、はじめの20分ぐらいは、ずっと、ドンパチやって人がばたばたうたれて倒れていきます。



とりあえず、「第442連隊戦闘団」のことは知ってる?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC442%E9%80%A3%E9%9A%8A%E6%88%A6%E9%97%98%E5%9B%A3


『Go For Broke』と言う映画もおすすめです。日系アメリカ人の軍隊、第442連隊戦闘団についてです。


やっぱり、すごいよな。

アメリカ人は怖がり

これは、おもしろいわ。

アメリカの歴史を知りたい人は、以下をクリック。


http://www.youtube.com/watch?v=NPBHtjZmSpw


アメリカという国は、怖がりの人たちの集まりでできていて、だから、鉄砲とか、身近なのよ~みたいな話。


「Bowling for Columbine」という題にも注目。

あのコロラドの高校での乱射事件のことね。





Bowling for Columbine」といえば、映画もあります。

あのマイケル・ムーアが作った映画。

日本語にもなってる。

日本語の副題は、「こんなアメリカに誰がした」


怖がりの人たちが!?したのかしらん。



こんなの見てると、確かにアメリカは、建国からして、報復されるのを恐れてる、ってかんじはするわよね。

2001年のテロで、報復されちゃったけど。

イラク戦争でやり返したけど、また、いつか、報復されるのかね。





在米日本人の日本語

マ姐は、日本語でカスタマー・サービスがある会社には、わざわざ日本語専用ラインに電話する。

飛行機会社とか、クレジットカード会社とか、コンピューター系の会社とか。


別に英語のラインでも、特に困らないんだけども、なんとなく。

ま、日本人だし。



先日、某クレジット会社の日本語専用ラインに電話した。

「コンピューターが立ち上がるまで、少々、お待ちください」と言われたあとに、雑談した・・・

これって、日本だったらありえないよね?

英語のカスタマー・サービスだったらたまにあるけど。

きっと、在米暦が長い日本人の人だったんでしょう。


「また、どうして、マイアミなんですか?」

「こちらは、ユタです。寒いです。」

とかって。

「もう、何年ぐらいマイアミに住んでるんですか?」とかって。





先日、某航空会社の日本語ラインに電話をした。

多分、相手は、日本人。日本語が話せるアメリカ人とかじゃなくて。

ありがとう、と言ったら、「いいえ。どういたしまして」と返された。

「いいえ。どういたしまして」という返し方は、日本語の教科書みたいじゃない!?

「恐れ入りますが、番号お願いします。」と言われた。

わざわざ、「恐れ入りますが」という言葉を使っているのに、「番号、お願い」ってなんか、おかしくない?

「ちょっと待ってください。」って言われたが、それこそ、「少々、お待ちください」とでも、言うべきじゃない

なんだか、丁寧なのか丁寧じゃないのか、わけわからない不思議な日本語でした。



この間は、某機械のカスタマーサービスに電話をした。ジェイソンと、名前まで名乗ってくれた。ちょっとナマリのある日本語なので、アメリカ人で日本語を勉強した人かな、というかんじ。

その機械会社の裏話を雑談した・・・

いいのかな~こんなこと、話しちゃって。みたいな。

でもね。

その後。

ジェイソンは、アメリカ国内にいないことが判明。

インドだってよ!

インド人だったのね・・・

最近、人件費が高いから、インドにカスタマー・サービス移動しているとは聞いたけど。

インドで、日本語できる人を探すのって、ちょっと大変なんじゃないの。



みなさんも、海外で、日本語サービスラインがある会社には、日本語で電話してみてください。

楽しい体験ができることでしょう。



マイアミの隠れ家バー

このバーだけは、誰にも教えたくなかったんだけど・・・

もしかしたら、状況が変わっちゃうかもしれないので、しょうがない。公開。なくなってから紹介しては遅いからね。行ってみてください。


キー・ビスケーンに行く途中に、バージニア・キーがある。

マイアミの水族館や、マイアミ大学の海洋学部があるところ。(ちなみに、この場所のマイアミ大学にかつては、日本語の補習校がありました)


バージニアキーは、かつて、黒人専用のビーチもあったところです。黒人は、ここでしか泳げなかったのです。


そのバージニアキーに、JIMBO'sという名のバーがある。

ビールは、$2。スモークサーモンがおいしい。マ姐は、いつも、スモークサーモンを買う。

ここは、いろんな撮影が行われた有名な場所。

オーナー(ジンボっていう名前)は、80歳を超える。

自分でビールを取って、お金をおく。



ま、簡単にいったら、浮浪者が住み着いてはじめたバーのようなもの。だから、家賃も払っていない。土地は、マイアミ市のもの。ビスケーン国立公園の中にあるのです。

このナショナル・パークは、入場料として$5を払わなくてはいけないのですが、入り口で「ジンボに行くから」というと、無料で入れます。

いったいどういうところなのか、想像がつかないとおもうので、一応リンク。

http://www.jimbosplace.com/

1954年からあるから、半世紀以上だね。



どうして、彼が、住めちゃうわけ?こんな隠れ家があるわけ?と思う人は、お金持ちの権力を考えてください~~~~~

船にのって、飲みに行く場所が、必要でしょ?そうですよ~。家から、船にのって、飲みに行く。もちろん、家の前は海で船があって、バーは船着場がないといけない。

お金持ちに愛されるJIMBO。権力があるから、彼には、住む許可もビールを売る許可もおりる。



マイアミですな。金持ちをバックにつけると強い。


マイアミっすよ。金持ちの悪者は、たくさんくる。

ウォーターゲート事件知ってるよね?ニクソンだよ。アメリカの大統領だった人。

彼も、大統領、辞めてから、マイアミに住んでました。正確には、キービスケインに。だから、ジンボーのバーには、いつもいたらしいよ。



マイアミといえども、南部は南部。アメリカ南部のレッドネック文化をのぞいてみてはどうでしょうか。フォレスト・ガンプみたいなかんじです。



レストランでのチップの払い方 IN マイアミ

マイアミの、特に、サウス・ビーチは、観光地ですから、前もって、チップが入っていたりします。

ヨーロッパからの観光客が多く、やつらは、チップを払わないので、前もって入れておくのです。

でも、もちろん、そんなこと、教えてくれません!!!

だから、お勘定をしたときに、きちんと、読まなくてはいけません。

チップが入っているかどうかを。



入っているのであれば、そのままの金額を払えばいいだけです。

入っているのに、気がつかずに、上乗せしてチップを払ったところで、レストランは教えてくれません。





そして。

勘定に、チップが入っていないと、チップ慣れしていない人は、悩みますよね。


どうやって計算したらいいのか。

マイアミだけに通用する計算の仕方を教えましょう。



レストランで会計をしてもらうと、

1食べたものとその値段。
2税金

そして、合計金額を教えてくれます。

チップというものは、食べたものの合計金額に対して、払えばいいのです。

ここ、よく間違えるところです!!!!テストにでるので、しっかり覚えてください!!!!


そして、税金。

レストランで食事をすると税金を取られます。

これは、マイアミの中でも、税率が違います。

サウスビーチで食べたら、現在は、9%です。

マイアミのダウンタウンでしたら、7%です。



チップは、15%~20%が相場、といわれてますので、外食したら、9%(税金)+15%で(チップ)、食べたものに対して、25%ぐらい余分に払わなくてはいけないのです。

ここも、テストにでるので、しっかり覚えてください!!!!


もし、チップが込みのお勘定を、読み間違えて、再び、チップを払ったら・・・・・25%(税金とチップ)+15%(だまされて払っているチップ)で、40%も上乗せした金額を払っているのですよ・・・

おそろしや・・・・



さて、本題。

チップの計算ですが、基本的に、この「税金」を倍にすれば、いいだけのことです。


例えば、$30のものを食べた。税金が、$2.70だった。

だったら、2.70X2をして、チップは、$4~6ぐらい、置いておけばいいのです。

あいだをとって、$5でも、払っておきましょう。

そして、コインは、絶対におかないように!!!!

倍にしたら、$5.40だから、って、$5.40、置いたら嫌われます・・・

切り上げて$6分のお札を置いたら、喜んでくれることでしょう。




(復習!$30の15%ぐらいがチップです。$32.70の15%ではないです!!!!)



ということで、現在のマイアミの税率は、7~9%ぐらいなので、できるわざです。


役立ててください。

ではでは。





追伸。

ところで、日本語で、「チップ」と、書きますが、英語では、Tipなので、性格には、「ティップ」ですので、発音に気をつけましょう。


「チップ、入ってる?」なんて聞いたら、「ポテトチップスなんて出してないよ」、と思われて、ティップが本当は入っているのに、「そんなもの入ってるわけないよん♪」って言われてしまいますよ。



追伸2。

マイアミですから、スペイン語も、教えておきましょ。

プロピナといいます。「プロピナ、インクルード?」と、このまま、日本語のように発音してください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。